【ナイスジャーニー】エジプトへ行ったときのこと。1 


連日ニュースとなっているエジプトの動き。

どこへ向かっていくのだろうか、とても気になる中で、

一年半前の2009年9月にエジプトを旅行したことを思い出している。

人生で初めて「イスラム世界」に直接ふれたあの旅行のこと、

遙か数千年前の文化、今を生きる人達の熱気、

少しずつ思い出していこう。



その前に、エジプトに初めて興味をもったのは、誰しもと同じように「ピラミッド」だ。

中学一年生の時、「ピラミッドパワー」なるものもクラスの関心の中心だった。

そして、その一年生の秋の文化祭、わがクラスのテーマは「ピラミッド」。

クラス全体で取り組んだのか、いまとなっては朧気ではあるけれど、

何名かの友達とどっぷりはまって、教室のど真ん中に、高さ2メートルほどのピラミッドを作った。

もちろんハリボテで、テントのように中に入ることもできた。


そんな思い出から、時が経つこと30年、ついにエジプトへ行くことになったのだ。


エジプト空港の直行便



エジプト航空のポーチに入ったアメニティ



カイロ国際空港のターミナル



カイロ国際空港のエントランス

カイロ国際空港のエントランス



夜のピラミッド



ピラミッドとの初めての遭遇はホテルについた夜だった。

ぼんやりと闇夜に浮かび上がり、「前菜」のような出現。


あらゆる意味で想像を超えた旅行が始まった。

カテゴリー: ナイスエジプト, ナイスジャーニー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です