【アートでナイス】アートがナイスな銀座の午後その3 滝平二郎遺作展


銀座から歩いていき、また戻ったので自分の中のエリアでは銀座の

大手町・逓信総合博物館(ていぱーく)へ。

いま、一緒にお仕事をさせて頂いているきりえ作家の

きりえや高木亮さんからの情報で、

「はなたれ小僧元気な子 さよなら滝平二郎遺作展」に。

さよなら滝平二郎遺作展

さよなら滝平二郎遺作展



滝平二郎さんといえば、子どもの頃の家の本棚に

「ベロ出しチョンマ」や「モチモチの木」があって、よく読んでいた。

昨年5月に亡くなられ、今回はその遺作展。(2月3日まで)

こちら

ていぱーくで行われるのは、郵便切手の原画展示もあるからのようだ。

(入場料は110円と手頃だが、ていぱーくサイトでは、さらに無料招待券も!

いま、発見しました。ぜひご活用を!)

版画や切り絵などが200点以上、実に見ごたえがある展示だった。

「花さき山」など、物語と絵が一体になっていた印象のものも

絵そのものだけで、すでに物語が織り込まれている。

花さき山

花さき山(斉藤隆介作 滝平二郎絵 岩崎書店)



背景が黒の時も白の時もそれぞれの印象が実に強烈だ。

「八郎」では、八郎の髪はうねるようでいて、波は飛沫の音が聞こえてくるようだ。

あるいは、朝日新聞に連載されていたという、きりえ作品も

「衣がえ」とか「さんま」とか、

日常の一場面が封じ込められている。

その場面の、前に何があったのかが想像でき、

何が起ころうとしているのかを予感させる。

たったい一枚にそれを凝縮させていることの迫力がある。

そうしたことが、人だけでなく、

雪や雨、けむり、草、木、花、すべてに宿り、

一つの世界が出来上がっていることが伝わってくる。

もう一度行ったら、もっと深く感じられるだろう。

きりえだからこその世界、ナイス!

カテゴリー: アートでナイス, ナイスデイズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です