マークビーナイス最新情報

こちらは出版社ビーナイスのサイトです。最新情報などをお届けしています。
ご訪問ありがとうございます。

書店の皆様用の注文書はこちらです。すべての取次会社への出荷が可能です。
2016年1月末刊行の「キムコレ」(キムスネイクプロダクション・木村タカヒロ)の注文書も新たに掲載しました。
ぜひご利用ください。

【出店】BOOK MARKET 2016(7月30・31日、神楽坂出版クラブにて開催)出店のお知らせ

ビーナイスでは、蔵前や秩父等で開催されてきたブックマーケットに、今年も出店します。

8回目の今年は、7月末に神楽坂で開催。30社以上の出版社が参加します。
ビーナイスでは、最新刊や既刊の他、本革手縫いのブックバッグ、絵本「きぼうのかんづめ」チャリティ缶、ミニチュア絵本制作キットseed booksなどの販売をします。
出店社の方々の情報、会場への地図など詳細等はこちらでご覧ください。
(2016.05.12)

【絵本「きぼうのかんづめ」トークセッションのお知らせ】
生活協同組合パルシステム東京主催の東日本大震災復興シンポジウム「震災から5年、これから私たちができること」で
絵本「きぼうのかんづめ」のトークセッションが行われます。
作者の須田泰成さん、宗誠二郎さん、木の屋石巻水産・鈴木誠さん、そして松尾貴史さんが登壇されます。
3月5日(土)開催、一般参加も可能です。詳細はリンク先をご覧ください。当日、絵本や缶詰の販売もあります。
パルシステムのサイトは、こちら、です。
(2016.2.2)

【新年のご挨拶】
2016年が皆様にとってよい年になりますようにお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2016.1.4)

【「新文化」にてインタビュー記事掲載のお知らせ】
出版業界唯一の専門紙「新文化」12月10日発売3107号に
ビーナイス代表杉田のインタビュー記事が掲載になりました。
1面の「このひとこの仕事」で取り上げていただいております。
新文化のサイトは、こちら、です。
(2015.12.14)

【新刊アートカードブック「キムコレ」刊行のお知らせ】

独特の顔面コラージュで知られ、またFlashアニメーションでも活躍する
木村タカヒロが生み出したバーチャルタレント集団「キムスネイクプロダクション」。
キム社長以下、そこに所属する150名にも及ぶキムスネイク化された
オリジナルタレントからより選ったキャラクターがカードブックになって登場!
完成されたキャラクターの世界観が凝縮された一冊です。
本の詳細、作者プロフィール等はビーナイスのブログ等でご覧ください。

【出店】BOOK MARKET in 秩父(11月7・8日開催)出店のお知らせ

ビーナイスでは、昨年、今年の2月に開催された蔵前ブックマーケットに出店しておりましたが、今年の11月にブックマーケットの秩父出張版「BOOK MARKET in 秩父」が開催されることになり、そこにも出店することとなりました。
魅力的な出版社や出店者が揃っております。秋の行楽シーズンに、秩父を行き先に、というのもおススメです。その際にはぜひお立ち寄りください。
ビーナイスでは、最新刊や既刊の販売の他、新刊が刊行になるきりえ作家高木亮さんのワークショップを開催(11月7日のみ)します。
出店社の方々の情報、会場への地図など詳細等はこちらでご覧ください。
ワークショップの詳細はこちらでご覧ください。

会期|2015年11月7日(土)12時〜20時 8日(日)10時~17時
会場|矢尾百貨店カルチャー館藤村書店・秩父店
(埼玉県秩父市上町1-5-9  電話 0494-23-0909)
(2015.11.3)

【出店】高円寺フェエス「本とアートの産直市」(10月31日・11月1日開催)出店のお知らせ

高円寺の街中が熱くなる高円寺の秋の文化祭「高円寺フェス2015」のイベントのひとつ「本とアートの産直市」に今年も参加、4度目となります。
今回も昨年と同じ、明石スタジオが会場。高円寺南口の小劇場で、近くの中央公園ではゆるキャラまつりも開催されます。
ビーナイスでは、最新刊や既刊の販売の他、大阪の絵本やさん「ピクチャーブックリール」の店主・恒松明美さんを招いてのイベントや、絵本「きぼうのかんづめ」ミニ原画展(作者の須田泰成さん、宗誠二郎さんも登場)を行う予定です。
出店社の方々の情報、会場への地図など詳細等はビーナイスのブログ等でご覧ください。

会期|2015年10月30日(土)・11月1日(土) 12時~18時
会場|高円寺明石スタジオ
(杉並区高円寺南4-10-6)
(2015.10.6)

【新刊アートカードブックシリーズの書店様用注文書ができました】
アートカードブックシリーズ、樋上公実子「フルーツパフェ逍遥」&高木亮「ユメとバルーン きりえ原画版」の書店様用注文書ができました。
2015年11月の刊行に向けて準備中です。

15枚のアートカードを収録、表紙と裏表紙、目次も切り取った残りの部分がミニブックにもなるユニークな作りの本です。

書店の皆様用の注文書はこちらです。すべての取次会社への出荷が可能です。
ぜひご利用ください。(2015.9.10)

【出店】本の産直・夏まつり@山陽堂(8月21・22日開催)出店のお知らせ
ビーナイスでは、8月21日(金)・22日(土)に開催される、 本の産直・夏まつり@山陽堂に出店することになりました。
今年初めて開催される個性派の小さな出版社が表参道に集合して行う、夏の本まつり、
とっておきの一冊が、待ってます。ぜひご来場ください。
ビーナイスでも、最新刊の販売や近刊の情報提供、既刊の販売などを行う予定です。
出店社の方々の情報、会場への地図など詳細等はビーナイスのブログ等でご覧ください。

会期|2015年8月21日(金)・22日(土) 11時~19時
会場|山陽堂書店・ギャラリー山陽堂
(〒107-0061東京都港区北青山3-5-22 tel:03-3401-1309)


イベントなどの詳細は、山陽堂のサイトへ。こちら
(2015.8.13)

【新刊のお知らせ】
アートカードブック、樋上公実子「フルーツパフェ逍遥」、2015年11月の刊行に向けて準備中です。人気の画家が、浅草の行列店・フルーツパーラーゴトーの旬のフルーツパフェだけを描いて、その味の魅力を油絵で魅惑的官能的に伝える一冊です。(装幀/三宅理子)

樋上公実子さんのサイトは、こちら

10月には浅草のフルーツパーラーゴトーで、11月には築地のふげん社で原画展を予定しています。

(2015.8.12)

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ第11弾
「東京モンスターボックス」(作・斉木雄太/写真・岩本竜典)が、2015年8月末に刊行となります。

今まで数々の個展でユニークなモンスターを送り出してきた若きクリエイター・斉木雄太の作品をまとめた集大成的な作品集です。
キャノン新世紀奨佳作励賞受賞や東京TDC賞入選など活躍を続ける写真家・岩本竜典が作品の表情を捉えて撮影した第4弾です。

詳細は、こちら


Amazonで予約受付中です。

刊行に先立ち、7月24日(金)から8月5日まで「原宿モンスターボックス展」が開催されます。会場は、原宿ペーターズギャラリーです。24日18時からはオープニングも開催します。どうぞお立ち寄りください。

詳細は、こちら。

(2015.7.2)

【6周年のご挨拶】
おかげさまで6周年をむかえることができました。皆様のご支援、ご声援に感謝しております。
7年目もどうぞよろしくお願いいたします。
(2014.4.2)

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ第10弾
高橋美香写真集「ボクラ(Bokra)・明日、パレスチナで」(写真・文・高椅美香)が、2015年3月20日に刊行となります。

「明日こそは、今日よりいい日になりますように また明日も元気で笑えますように」(高橋美香)
激動のパレスチナを幾度と訪れ、そこに暮らす人々と生活を共にした写真家がみつめた、パレスチナの日常。子どもたち、家族、働く人たち、彼らの笑顔から、パレスチナの明日を見つめる一冊。
「ボクラ」はアラビア語の方言で「明日」の意味。
2014年秋に撮影した最新写真も収録。
帯には長倉洋海氏推薦文を掲載。

詳細は、こちら
(2014.3.10)

【新年のご挨拶】
2015年が皆様にとってよい年になりますようにお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2014.1.4)

【出展】「BOOK MARKET2015」出展のお知らせ
ビーナイスでは、2月7日8日にアノニマスタジオの主催で開催されるブックフェア、
BOOK MARKET 2015に昨年につづいて参加することになりました。
7回目を迎える「本当におもしろい本」だけを集めた本好きのためのブックフェアです。
ビーナイスでも、最新刊の販売や近刊の情報提供、既刊の販売などを行う予定です。
出展社の方々の情報、会場への地図など詳細等はビーナイスのブログ等でご覧ください。

会期|2015年2月7日(土)・8日(日) 11時~18時
会場|Cielo y Rio 5F イベントスペース(〒111-0051 台東区蔵前2-15-5)


イベントなどの詳細は、アノニマスタジオのサイトへ。こちら
(2015.1.5)

【新規取扱のお知らせ】きりえやカレンダー2015「ユメとバルーン むこう」10月5日発売
きりえや高木亮の完全新作きりえカレンダーのAmazonでの取扱を開始。

書籍、展示、連載と活躍の場を広げる、きりえ作家「きりえや高木亮」の代表的な「ユメとバルーン」シリーズの完全新作12枚を掲載。
「ユメとバルーン」は、海辺の町で出会った小さい猫・ユメと、大きな犬・バルーンの過ごした日々を綴り続けているシリーズを昨年に引き続いて取り扱います。
ご購入は、こちら。ユメとバルーン むこう(きりえやカレンダー2015)

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ第9弾
きりえクリスマスブック「ビリーザトナカイ ビリーの休日」(著・高木亮)が、2014年10月末に刊行となります。

きりえ作家・高木亮が生み出した、ちょっと目つきが悪い世話焼きのトナカイ・ビリーシリーズの第3弾。
今回は、ビリー吉祥寺へ行く、ビリー海へ行くの2部構成で、ビリーの楽しくおかしい休日が描かれています。
11月には、刊行記念展も予定しています。

最新情報は、ビリーのFacebookページまで


【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ第8弾
「新世紀モンスター」(作・斉木雄太/写真・岩本竜典)が、2014年8月末に刊行となります。

今まで数々の個展でユニークなモンスターを送り出してきた自閉症の若きクリエイター・斉木雄太の愛くるしい立体作品を、
キャノン新世紀奨佳作励賞受賞や東京TDC賞入選など活躍を続ける写真家・岩本竜典が街中で生き生きと撮影した第3弾作品集です。

詳細は、こちら


刊行に先立ち、7月25日(金)から「新世紀モンスタ―展」が開催されます。会場は、原宿ペーターズギャラリーです。 (2014.7.14)

【新刊】きりえ画文集 第2弾「ユメとバルーン いつもの坂道」、6月12日刊行のお知らせ

2年前の2012年6月に発売し、いまも人気が高い高木亮きりえ画文集「ユメとバルーン」の第2弾「いつもの坂道」を2014年初夏に刊行することになりました。
独学できりえを続けて20年以上になる、きりえや高木亮さんの代表作「ユメとバルーン」シリーズをまとめたA4サイズ・オールカラーのアートブックの第2弾です。
いまにつながる懐かしさに物語がたくさん詰まった、高木さんのきりえの魅力が感じられる新たな一冊をお届けいたします。


オールカラー A4版 定価2300円+税 ISBN 978-4-905389-25-5
2014年6月12日より発売です。Amazonでの購入はすでに可能になってます。

Amazonでのご購入は、こちら。

刊行を記念して6月12日より7月末まで、池袋ジュンク堂書店にてきりえ原画展を開催します。
会期中の6月14日(土)、6月29日(日)、7月12日(土)、7月27日(日)には、
作者高木亮さんのきりえ実演を行う予定です、
(各日とも午後2時〜5時半*途中休憩あり)
ぜひ、生でその世界に触れていただければと思います。
こちらにもどうぞ足をお運びください。

「ユメとバルーン いつもの坂道」の詳細は、こちら
(2014.06.10)

【【2月末に刊行決定!】手描きで紹介する<食と酒シリーズ>
「東京蕎麦描き」(著・大久保美沙)を2月末に刊行します。

「二日酔いの本」を著すなど二日酔いコラムニスト、イラストレーター、銅版画家など多方面で活躍する大久保美沙さんが、東京の気になる蕎麦屋を巡り、楽しく飲んで食べてそして「描いた」記録が一冊の本になります!
東京の老舗、名店から人気店・話題の店まで全32店のあの味を手描きで紹介。
それぞれの魅力が一枚の絵にみっちりと凝縮されたオールカラーの一冊になります。

装幀:三宅理子 オールカラー ISBN978-4-905389-20-0 
価格:1600円+税 発行・発売 株式会社ビーナイス

刊行に先立ちましてサイトもオープンしましたのでご覧ください。こちら
Amazonでの予約も始まりました。
(2014.1.30)

【電子書籍】配信のおしらせ
弊社は、出版デジタル機構を介して、電子書店への電子書籍の配信を開始しております。
刊行物情報など詳細は、こちらをご覧ください。
11月1日より新たに小説「ニューヨークエルストーリー」「顔のない王子さま」の配信が始まります
(2013.10.31)

【新規取扱のお知らせ】きりえやカレンダー2014「ユメとバルーン きょうも」10月21日発売
きりえや高木亮の完全新作きりえカレンダーのAmazonでの取扱を開始。

書籍、展示、連載と活躍の場を広げる、きりえ作家「きりえや高木亮」の代表的な「ユメとバルーン」シリーズの完全新作12枚を掲載。
「ユメとバルーン」は、海辺の町で出会った小さい猫・ユメと、大きな犬・バルーンの過ごした日々を綴り続けているシリーズ。
ご購入は、こちら。ユメとバルーン きょうも (きりえやカレンダー2014)

【新刊のお知らせ】きりえクリスマスブック2冊同時刊行
「ビリーザトナカイ」(高木亮)が、2013年10月に刊行となります。

取扱書店など詳細は、こちら
書店関係者様の注文書は、こちらです。ご利用ください。

【新刊のお知らせ手描きで紹介する<食と酒シリーズ>
「東京蕎麦描き」(著・大久保美沙)を今冬刊行します。

【新刊のお知らせ】きりえクリスマスブック2冊同時刊行
「ビリーザトナカイ」(高木亮)が、2013年10月に刊行となります。

雑誌や新聞の連載で人気、きりえ画文集「ユメとバルーン」も好評の
きりえ作家高木亮のクリスマスブックが初登場。
自称、世界で一番忙しい世話焼きのトナカイ・ビリーと
マイペースな相棒・サンタの楽しくておかしい物語を2冊同時刊行。
切り取って使える、切り絵クリスマスカードも付いてます!

本の詳細はこちらの公式サイトに掲載しております。

「ビリーザトナカイ〜ソリを引く男」
「ビリーザトナカイ2〜師走の男」
A5変型版(148mm×148mm) ソフトカバー オールカラー 24ページ
予価 各巻共に1400円+税
ISBN978-4-905389-21-7/22-4 2013年10月 発行

書店関係者様の注文書は、こちらです。ご利用ください。

刊行を記念して、11月13日(水)から「ビリークリスマス!」展が開催されます。会場は、吉祥寺ビタミンTeeギャラリー。 (2013.6.18)

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ4弾
「恋するモンスター」(絵・立体・文)が、2013年5月3日に刊行となります。

今まで数々の個展でユニークなモンスターを送り出しポストカードブックも刊行してきた自閉症の若きクリエイター・斉木雄太の愛くるしい立体作品を、
キャノン新世紀奨佳作励賞受賞や東京TDC賞入選など活躍を続ける写真家・岩本竜典が表情たっぷりに撮影、
さらに、フジテレビの連続ドラマ「息もできない夏」やアニメ「ドラえもん」などの脚本、実体験を元にした小説「ニューヨークエルストーリー」などで注目を集める脚本家/小説家の千葉美鈴が心に響く言葉を加えた絵本が誕生。

恋をした時に心にひょっこりと現れるモンスター。彼らの愛くるしい表情に、何気ないでも心の奥底にまで響く言葉に、恋する心がちょっぴり豊かになるかもしれません。

絵本の詳細はこちら

刊行に先立ち、4月3日(水)から「斉木雄太作品展 モンスターメイカー3」が開催されます。会場は、吉祥寺ビタミンTeeギャラリー。 (2013.3.30)

A5変型版(148mm×173mm) ソフトカバー オールカラー 24ページ
定価 1200円+税
ISBN978-4-905389-19-4 2013年5月10日 発行

書店関係者様の注文書は、こちらです。ご利用ください。

取扱書店情報はまたお知らせいたします。
Amazonでの予約も始まっています。こちら。

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ3弾
「ホシノキオク Memory of the Earth」(絵・立体・文 金丸悠児)が、2012年12月18日に刊行となります。

国内外で活躍する画家、金丸悠児の初めての絵本が誕生。
見るほどに懐かしく、生きるほどに愛おしい。
あの時の記憶と静かに深くつながる物語。

刊行に先立ち、11月27日(火)から京橋の四季彩舎において「金丸悠児展 ホシノキオク」が開催されます。会場は、こちら。 (2012.11.16)

hoshi

A5変型版(148mm×173mm) ソフトカバー オールカラー 24ページ
定価 1200円+税
ISBN978-4-905389-18-7 2012年12月18日 発行

取扱書店情報はまたお知らせいたします。
Amazonでの予約も始まっています。こちら。

<金丸悠児プロフィール>
1978年 神奈川県生まれ。
2001年に東京藝術大学デザイン科卒業。2003年に同大学大学院を修了。
在学中は大藪雅孝、中島千波の元で指導を受ける。
大学院終了後はプロの画家として活動開始。国内外で、個展、グループ展、アートフェアなどで発表多数。
2002年にはアーティスト集団 C-DEPOT を設立、代表を務める 。アートイベントの企画・プロデュースなど
作品制作以外のアプローチからも芸術と向き合い、社会におけるアーティストのあり方を追求している。
本作品が初めての絵本になる。

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ第2弾
「塔の絵本」(絵・文 田中映縭子)が、2012年7月24日に刊行となります。(2012.7.21)

tower

取扱書店など詳細は、こちら
書店関係者様の注文書は、こちらです。ご利用ください。

【新刊のお知らせ】ビーナイスのアートブックシリーズ第一弾
きりえ画文集「ユメとバルーン」(文・きりえ 高木亮)が、2012年6月12日に刊行となります。(2012.5.18)

詳細は、こちら
書店関係者様の注文書は、こちらです。ご利用ください。
読者の皆様、Amazonでも予約受付中です。ユメとバルーン きりえ画文集 (ビーナイスアートブックシリーズ)

【新刊のお知らせ】 レシピカードブック「缶づめ寿司」(著:黒川勇人)が、2012年4月2日に刊行となりました。(2012.4.21)

詳細や取扱書店は、こちらになります。
Amazonでも購入可能です。こちら。

<新刊のお知らせ>
【新刊のお知らせ】 絵本「きぼうのかんづめ」(文:須田泰成 絵:宗誠二郎)が、2012年3月に刊行となりました。
12月31日よりサイトがオープンしました!石巻と経堂の人のつながりから生まれた希望の物語です。
須田泰成(ソーシャルシェアリング協会)さんの文に、フリーのイラストレーターとして活躍する宗誠二郎さんの絵になります。
デザインは今井クミ(アピスラボラトリー)さん、企画協力に後藤明弘(ドライブディレクション)さん、
編集は杉田(ビーナイス)になります。発売=きぼうのかんづめプロジェクト、発行=ビーナイス。
みなさまにぜひ応援したいただきたい絵本です。よろしくお願いします!

サイトは、こちら

書店での販売も始まっております。

また、Amazonでのご注文も可能です(送料無料)
こちらで

(2012.3.5)

<新刊情報>
ビーナイスの絵本「泣きむしハナ 泣かなかった」(文 東野ひろあき 絵 川崎あっこ)特装版が、2011年10月1日に発売。

特装版は、1.5倍ほどの大判で、美篶堂による手製本です。数量限定製作のためお早めにお求めください。

だけど、ひとつだけ、たしかなこと、それは、、、
命あるかぎり、まっすぐ生きていく、ということ
ハナの思いを、今、すべての子どもたちに

A4変形版(210mm×250mm) 角背上製本 麻カンバス張り オールカラー24ページ
定価 2800円+税
ISBN978-4-905389-12-7 2011年10月1日 発行

アマゾンでも予約受付が始まりました(送料無料)。こちら→。泣きむしハナ 泣かなかった (特装版) (2011.9.9)

<新刊情報>
ビーナイスの絵本「泣きむしハナ 泣かなかった」(文 東野ひろあき 絵 川崎あっこ)が、2011年7月に発売。

だけど、ひとつだけ、たしかなこと、それは、、、
命あるかぎり、まっすぐ生きていく、ということ
ハナの思いを、今、すべての子どもたちに

A5変形版(148mm×174mm) オールカラー24ページ
定価 1000円+税
ISBN978-4-905389-05-7 2011年7月7日 発行

詳細は、こちらまで。

アマゾンでも予約受付が始まりました(送料無料)。こちら→。泣きむしハナ 泣かなかった (2011.6.17)

みやぎびっきの会(代表/さとう宗幸 稲垣潤一・小柴大造・小川もこ・かの香織・遊佐未森・山寺宏一) より、推薦文を頂きました。(2011.6.28)

涙を越えた その先に 明るい未来が待っている。
傷ついた心に そっと寄り添ってくれる言葉と絵。
子どもたちに、大切に読み続けてほしい宝物です。

※この本の収益の一部は〝みやぎびっきの会〟が運営する『びっきこども基金』を通じて、被災した子どもたちのために使われます。
『びっきこども基金』のサイトは http://bikkifund.net/

<新企画>
キャラクターマンガ「スナバン」連動企画
「にほんスナバ紀行」のサイトが新たにオープンしました! すなば紀行
ほぼすべての砂場に地図を掲載したほか、地域別などでより見やすく。(毎週水曜更新)
(2011.6.15)

<新ブログスタート>
脚本家・作家の千葉美鈴のブログ 「something is better than nothing」がスタートしました!
こちらです。
その後の「不滅の千葉ちゃん」のリアルな日々が綴られていきます!
小説「ニューヨークエルストーリー」購入はこちら。ニューヨークエルストーリー
(2011.6.15)

<ビーナイスのフェイスブック>
ビーナイスのフェイスブックページがスタートしています。
ぜひアクセスを!こちらです。 (2011.4.25)

<新企画>
写真×言葉の企画「BAND SCAPE」スタートしました!
カメラマン岩本竜典×ビーナイス杉田龍彦のコラボ企画です!
つながる写真 つながる言葉の世界に触れてみてください!(平日に毎日更新中です!)
詳細は、BAND SCAPE(バンドスケイプ)公式サイトで! (2011.2.22)
bandscape

<ビーナイストラベル>
沖縄在住の編集者&ライター稲嶺恭子による沖縄の男前路線バス指南「女バス(じょばす)オキナワ」。
第一便 西表島編「日本最南端のバス停を目指す」に続いて
第二便 石垣島編「川平湾へ行く!石垣島リゾート線」も連載中です!
公式サイトは、こちら
沖縄の路線バスに揺られながらのスローな旅、そこでは、普通の旅行では味わえない体験ができる。
時間がかかってもいいじゃないか、地名が読めなくてもいいじゃないか。
バスを、「日本男児がなくした『男前』をきっちり持つ、女が惚れ込める最後のマシンなのだ!」
と言い切る「女子」が放つ、突撃路線バスルポにご期待下さい!
(2011.6.15)

<新連載>
澁澤龍彦にも評価を受けていた伝説の詩人、花藻群三による評論「憂い顔の革命家 澁澤龍彦」序論全文掲載
(2009.11.20)

シーラカンス堂 超短編童話「丘の上のポスト」第8話掲載(2009.11.12)