【トークイベント】作ろう!「ハムカツ本」!経堂さばのゆにて第3回ハムカツナイト開催。(9月23日・ゲスト ハムカツ太郎さん)


いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

6月、8月と経堂さばのゆでの開催が続く「ハムカツナイト」の第3回を開催します。

衣にチキンラーメンのハムカツ



今回のゲストももちろん、ハムカツ太郎さん。

作ろう!「ハムカツ本」!盛り上がってきました!

ハムカツ太郎さん



初回は、
ハムカツをこよなく愛するハムカツ太郎さんに
ハムカツの美味しいお店、歴史などをたっぷりと紹介していただきました。

第1回の様子



 

そして第2回は、こよなく愛するハムカツを、キャッチフレーズを付けて紹介。
  • 愛情たっぷり、優しく抱き合う恋人ハムカツ
  • ニューが付くほど古い店?下町情緒たっぷりハムカツ
  • 蕎麦好きがウォォォォォと唸る、養生ハムカツ
などなど、次から次へと美味しそうなハムカツの紹介が続きました。

今回は、さらなる進展とサプライズがありそう。
より具体的にオモシロイ本の可能性を探ります。

<さばのゆ×ビーナイス トークイベントシリーズ>
4月に刊行になったばかりの
春風亭昇太師匠と缶詰博士・黒川勇人さんのポストカードブック『旬缶クッキング』
企画プロデュースに携わって頂いた、
経堂さばのゆ店主で、コメディライターとしても活躍、
他にも日本各地の地域や特産物の魅力を発信し続ける須田泰成さんと、
トークイベントシリーズを続けていきます。

日常の食文化の魅力を再発見しながら、
オモシロイ本の可能性を、ゆるりと探っていくトークイベントです。



ハムカツ太郎さんのブログは、こちら♩
http://rikueri.hatenablog.com/

2017年9月23日(土)
19時半スタート(19時開場)
チャージ1500円
ご予約は、さばのゆまで:sabanoyu@gmail.com

会場:経堂さばのゆ
http://sabanoyu.oyucafe.net

世田谷区経堂2−6−6(小田急線経堂駅北口)

経堂さばのゆ 地図



 

 

カテゴリー: おしらせ, ナイスデイズ | 【トークイベント】作ろう!「ハムカツ本」!経堂さばのゆにて第3回ハムカツナイト開催。(9月23日・ゲスト ハムカツ太郎さん) はコメントを受け付けていません。

【予約開始のお知らせ】高木亮2018新作きりえカレンダー「ユメとバルーン・いまも」10月18日発売


いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただきありがとうございます。

ビーナイスより画文集を始め数多くの刊行がある、きりえ作家・高木亮さんの
2018新作きりえカレンダー「ユメとバルーン・いつも」のAmazonでの予約が始まりました。

ユメとバルーン・いまも
(高木亮きりえカレンダー2018)




2018年カレンダーは昨年に引き続き、小さな猫と大きな犬が主役の人気シリーズ「ユメとバルーン」の新作をお送りします。

今回のサブタイトルは「いまも」。

目をとじればいまもそこにいる_。
作者の心の中にだけにある海沿いの小さな町の光景。そこで暮らすふたりの姿を12枚のきりえで描いたカレンダーです。

ひげをゆらす季節の風を、お部屋で感じていただけたら嬉しいです。

定価:1500円+税
ISBN 978-4-905389-43-9 c2478
発売開始:2017年10月18日

ご予約は、⇨こちら


2018新作カレンダー「ユメとバルーン・いまも」
  • B4サイズ(364mm×257mm)
  • 13枚組+別紙インデックス
  • 上質紙135kg(本体)/コート紙90g(インデックス)
  • 4色フルカラーオフセット、ミシン目入り製本
<ラインナップ予定>
1月 いまも(2016) 2月 吽(2017新作) 3月 春の海 (2017新作)
4月 なし(2017新作) 5月 ルピナス(2017新作) 6月 降りはじめ(2017新作)
7月 そら (2017新作) 8月 送り火 (2017新作) 9月 トウロウ(2017新作)
10月 波音(2017新作) 11月 落ち葉焚き(2017新作) 12月 檸檬(2017新作)

「ユメとバルーン」シリーズ発売中です。
(画像をクリック)

画文集「ユメとバルーン」
画文集「ユメとバルーン いつもの坂道」
「ユメとバルーン 風吹く街で」
「ユメとバルーン きりえ原画版」(ポストカードブック)

 

 

 

きりえクリスマスブック「ビリーザトナカイ」シリーズ(画像をクリック)

1「ソリを引く男」
2「師走の男」
3「ビリーの休日」
 

 

 

 

<高木亮プロフィール>
お話も作るきりえ画家。 1971年香川県生まれ。神奈川県川崎市在住。 1992年ごろより独学できりえ制作を開始。その後「きりえや」を名乗る。ポストカード、カレンダー、かるたなどの自作製品や個展、各種メディアを通じ発表される独特のユーモアと哀愁を秘めた作風は「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい世界」と称され、内外で注目を集めている。

著書に、きりえ画文集「ユメとバルーン」「ユメとバルーン いつもの坂道」「ユメとバルーン 風吹く街で」、アートカードブック「ユメとバルーン きりえ原画版」(いずれもビーナイス)、きりえクリスマスブック「ビリーザトナカイ」シリーズ 1「ソリを引く男」、2「師走の男」、3「ビリーの休日」(いずれもビーナイス)、「はじめてでも簡単 たのしい切り絵レッスン」(家の光協会)、「ねこ切り絵」(誠文堂新光社)、「スナバン」(1~4)(ビーナイス)。
ウェブマガジン「にゃなか」http://nyanaka.com にて「きりえ ねこペティ」連載中。

カテゴリー: おしらせ, 新刊情報 | 【予約開始のお知らせ】高木亮2018新作きりえカレンダー「ユメとバルーン・いまも」10月18日発売 はコメントを受け付けていません。

【出展のお知らせ*出展社情報追記】BOOK MARKET 2017 10/28(土)、29(日)信濃町・アートコンプレックスセンター


いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただきありがとうございます。

秋にビーナイスが出展するブックイベントの一つ、BOOK MARKET 2017の詳細が決まってきましたのでお知らせいたします。

今回は、会場と出展社情報第一弾になります。(2017年9月4日現在)
出展社情報第二弾追記しました。(2017年9月8日現在)


BOOK MARKET 2017
https://www.facebook.com/bookmarket.tokyo/

主催:アノニマスタジオ http://www.anonima-studio.com

2017年10月28(土)11時30分〜19時
2017年10月29(日)11時30分〜18時

会場:信濃町・アートコンプレックスセンター 地下一階ホール

http://www.gallerycomplex.com/access/index.html
■東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 出口1より徒歩7分
■JR総武線「信濃町」駅より徒歩7分

〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9
12-9, Daikyo-cho, Shinjuku-ku Tokyo
tel/fax: 03-3341-325

【出展社情報第一弾】15の出展社が決定(2017年9月4日現在)
昨年の32社を上回る出展社になるそうです。

<第一弾発表>
ニジノ絵本屋 http://nijinoehonya.com
パイ インターナショナル http://pie.co.jp/
HaoChi Books https://www.facebook.com/haochibooks/
ビーナイス http://benice.co.jp/
堀之内出版 https://www.horinouchi-shuppan.com/
本の雑誌社 http://www.webdoku.jp/honzatsu/
ミシマ社 http://mishimasha.com/
港の人 http://www.minatonohito.jp/
雷鳥社 http://www.raichosha.co.jp/
リトルモア http://www.littlemore.co.jp/
グラフィック社 http://www.graphicsha.co.jp/
リットーミュージック https://www.rittor-music.co.jp/
アタシ社 http://www.atashisya.com/
カンゼン http://www.kanzen.jp/
木楽舎 http://www.kirakusha.com/


<第二弾発表>
誠文堂新光社 http://www.seibundo-shinkosha.net/
地球丸 http://www.chikyumaru.co.jp/
夏葉社 http://natsuhasha.com/
エクスナレッジ http://www.xknowledge.co.jp/
偕成社 http://www.kaiseisha.co.jp/
京阪神エルマガジン社 https://www.lmagazine.jp/
作品社 http://www.sakuhinsha.com/
G.B. http://www.gbnet.co.jp/
自然食通信社 http://www.amarans.net/
青幻舎 http://www.seigensha.com/
西日本出版社 http://www.jimotonohon.com/
而立書房 http://jiritsushobo.co.jp/


アノニマ・スタジオhttp://www.anonima-studio.com/


◆書店、印刷会社
かもめブックス http://kamomebooks.jp/
メリーゴーランド京都 http://www.mgr-kyoto2007.com/
藤原印刷 http://www.fujiwara-i.com/

ビーナイスでは、新刊・既刊ほか、取り揃えてお待ちしております。

ぜひ会場にお立ち寄りください。

カテゴリー: おしらせ, ナイスデイズ | 【出展のお知らせ*出展社情報追記】BOOK MARKET 2017 10/28(土)、29(日)信濃町・アートコンプレックスセンター はコメントを受け付けていません。