【ナイスTOKYO】東京タワーがある東京 


東京タワーが好きだ。

東京タワーイコール東京だと、今でも思っている。

青空にそびえる東京タワー

青空にそびえる東京タワー



東京に出てきた年の大晦日、羽田空港から東京タワーまで歩いたこともある。

湾岸道路を歩いている時に見えた東京タワーは、まさに東京の中心として自分を迎えてくれた。

そんな東京タワーのライトアップが、賑やかになって久しい。

夕べは、こんなだ。

オリンピックカラー

オリンピックカラー



東京オリンピック招致運動の一貫らしい。

ワールドベースボールクラシックで優勝したときは、

日の丸カラーだった。(確かこのときは、ニューヨークのエンパイアステートビルの方が先にライトアップしていて、さすが、と思った記憶がある)

バレンタインの直前には、こんなのもあった。

バレンタインカラー

バレンタインカラー



このダイヤモンドヴェールと名付けられた新しいライトアップは、もはや自由自在らしい。

七夕には、ライトダウンもやったりするようだ。

季節や行事毎に、あるいは、何かをアピールするために、毎夜その姿を変えている。

時には、なんで??と理由が分からないこともあるけど。

以前の方がよかったと思うこともあるが、そのライトアップですら、平成以降に始まったもののようだ。

そして、東京スカイツリー、つまり新東京タワーもあと、2年少しで竣工するという。

東京タワー、どうなるんだろ。

今や、東京タワーイコール東京なんて思う人も多くないだろうけど、

自分の中では、変わらないんだろうな。

東京タワーを見上げるたびに、

自分の位置を確認してきた。

それはこれからも、変わらないんだろうな。

東京タワーがある東京、ナイス!

カテゴリー: ナイスTOKYO, ナイスデイズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です