【アートでナイス】新宿、久しぶりのミュージカル。その迫力。


新宿タイニイアリスで、プロジュエクトM「この夜の終わりの美しい窓」を観る。

なんと、小劇場なのにオリジナル楽曲でのミュージカルとのこと。

しかも、元宝塚の方や、東宝ミュージカルで活躍している方まで。

そのうえ、作演出のモスクワカヌさんは、この作品がデビュー作とか。

この劇団の底力、すごいなあ。

こんかいは芸術監督という立場で、プロジェクトMを率いている丸尾聡さん、

パワフルで、チャレンジャーで、でも作り出す世界は、

透き通っていて壊れやすい。

それが、今回は、オリジナルのミュージカルだ。

この至近距離で、妃宮麗子さんの、華麗な歌声を聞く。

縄田晋さんの、軽やかなステップに酔いしれる。

シンプルな舞台美術が逆に想像力をかき立てる。

贅沢な気分に浸れる舞台だった。

明日まで新宿タイニイアリスで。

詳細はこちら

ちなみに、丸尾さんとの縁は深い。

小学生の時に、よく家に遊びにいっていた。

そうだ、電卓というのを初めて見たのは、丸尾さんの家だ。

そんなことを思い返すと不思議な感覚に捉えられる。

今ここにもいる、あの頃の自分にナイス!

カテゴリー: アートでナイス, ナイスデイズ パーマリンク

【アートでナイス】新宿、久しぶりのミュージカル。その迫力。 への0件のフィードバック

  1. maruo のコメント:

    観劇ありがとう。会えなくて残念でした。
    また。

  2. benice のコメント:

    こちらこそ、大変楽しませてもらいました。
    ほんと圧倒されました。
    次回作も楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です