【アートでナイス】メディア芸術祭で「電信柱エレミの恋」を観る。


今、国立新美術館で開催中(14日まで)のメディア芸術祭で

楽しみにしていたのが「電信柱エレミの恋」。

今回アニメーション部門で優秀賞を取っている作品。

ソバットシアターの中田秀人監督が8年の歳月を費やして制作したという

45分のストップアニメーション。

公式サイトはこちら

電信柱が恋をする、という設定だけで、心踊っていたのだが、

撮影手法が本当に魅力的。

グルミットのようにコマ撮りを重ねて行くようだが、

クレイは5%だけで、ほかは木やプラスチックが多いらしい。

それらを駆使して、電信柱が似合う街並みが人々の生活が作り上げられている。

どこかまだ心のなかに残っている風景がある。

そしてそれが、電信柱が人に恋をするという設定を支えて、

不思議とリアルに伝わってくる。

見あげれば、電信柱に、目や鼻も、あるかもしれないなあと。

心もきっとあるんだと。

最後には、思わず涙してしまった。

電信柱、いいなあ。

これは、いろんな人にみて欲しいなあと。

親にも見せたいなあと。

サテライト会場のミッドタウンではゆっくり見られるので

これから行かれる方は、ぜひ。

13時20分〜からのアニメーション部門の上映の、最初の方です。

電信柱にLOVE&NICE!

カテゴリー: アートでナイス, ナイスデイズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です