【アートでナイス】木村圭市郎 その素描動画から目が離せない。


頭で理解できる絵と、そうでない絵がある。

どちらがどうという訳ではない。

ただ、すぐには理解できない絵というのは、

時として、「目が離せない」状態になる。
 
 


木村圭市郎氏の「絵」を見せてもらったのは、

2009年も始まったばかりの時だったと思う。

「絵」といっても、鉛筆一本で描かれた素描で

しかも、コピー用紙にプリントアウトされたもの。

「目が離せない」その一枚が、いつしか動いて見える。

絵の中で、視点が勝手に動き、迫力あるものとして伝わってくる。

数々の伝説を持つ方のようだが、

そうしたストーリーを知らずしても、一枚の絵として、

心に切り込んでくるものがある。
 
 


彼の息子、木村タカヒロ氏が、「木村圭市郎素描動画劇場」というサイトを立ち上げた。

http://www.kksp.jp/

一枚の絵として見せてもらった素描が、動画となって、命を吹き込まれたかのように生き生きとしている。

キムスネイクとして多方面で活躍しているイラストレーターが、

70を越えて新作を描きはじめたアニメーターの作品を紹介しているという

親子を越えて、クリエイターとして「仕事」でつながっている事実が

モノを作ることは、伝えていくことなのだという

今いちばん大切にしていきたいことを教えてくれる。

アニメーション制作については、まるで分かっていないの自分なので

とにかくサイトを見て、感じ取って欲しいとしかいえないのが、もどかしい。

サイト内では、管理人ブログのなかで、「木村圭市郎素描動画」の楽しみ方も

紹介されている。

ぜひ見て欲しいし、さらに人にも伝えて欲しい。

木村圭市郎、その伝説にもまして、今描いていることが、ナイス!

カテゴリー: アートでナイス, ナイスデイズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です