【スローでナイス】第5弾 年を忘れる賑わい


2009年9月

ゆるりと始まった「スローでナイスな集い」@下北沢スローコメディファクトリー

クリエイターを中心に、さまざまな業種の方、楽しいことに取り組んでいる方、

じわりじわりと輪が広がって、月一回の恒例イベントに。

その、第5弾の年末ゆるゆるスペシャルは、その中でも、

一番の熱気に包まれた、新しいつながりが次々と生まれる「集い」となりました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございます!

スローでナイス 第5弾



今回は、特に出版関係者が多数。

アルク 月刊日本語の村上編集長は取材帰りに、

「へんなおじさん」(小学館)を執筆した白石あづささんと。

タコスタジオの岡部敬史さんは、宝島社で別冊宝島の編集をされていて独立。

「日本の食は安すぎる」(講談社プラスアルファ新書)などヒット作を生み出している方。

編集者でコラムニストの中丸謙一朗さんは、マガジンハウス「ポパイ」や「ブルータス」の編集を経て独立。

「大物講座」(講談社)、「ロックンロールダイエット」(扶桑社文庫)などを執筆。

ブログ「新マンガ的」の視点が刺激的です。

何度か来ていただいている、芹澤和美さんは「噂のマカオで女磨き」(花津ハナヨ、文藝春秋)をコーディネート。

コミックだからこそ紹介できる魅惑のマカオが満載です。

他にも、ミリオン出版アールズ出版

アークコミュニケーションズリワークスの編集者が。

直接知り合いでなくても、共通の知り合いがいて次々とつながってました。

他にも、ホント、いろんな方々が、遅くなればなるほど。

白金のギャラリー、NANZUKA UNDERGROUNDのキュレーターの室岡さん。

現在は、田名網敬一展を実施中。(12月26日まで)。

また、目黒の金柑画廊での、Nanook展の企画もサポート。(1月31日まで)。

写真家の岩本竜典さんは、魅力的なポラロイド作品集(モノクロの感じが素敵!)を持参。

きりえやの高木亮さんは、ユニークな「きりえやいろはがるた」を始めとして

切り絵の魅力をみんなに伝えてくれていました。

脚本家の、千葉美鈴さんの「ニューヨークエルストーリー」もいよいよ大詰め。

ニューヨークを旅立つ時が迫る主人公の心情を繊細に描いてます。

企画、映像、広告関係者も、

音楽ユニット「松千」のライブを仕掛けているのアメイジングの谷一成さん、

ネイキッドのプロデューサー大屋友紀雄さん、サン・アドのコピーライター公庄仁さん、

東京コンサルトのコピーライター舘澤史岳さん、

オークラボなどのユニークな取組をしている、コピーライターでイラストレータの大倉恭弘さん

DVD制作などをてがけるプリーズインデックスの中村晃久さん

ほかにも、神田の本と器と雑貨のお店「辺慈花」の店長、小林千絵子さん、

スズナリ横丁のbarみたびのマスター三田美さん、

クリエイターの岡野学さん、女優の西山美穂さん、

コメディユニット CON-TICの砧川キヌ子さん

などなど、ほんとにオーバージャンルの賑わい。

出会ってみなければ、伝わらない、

それぞれの魅力が、ゆるゆるとゆるゆると会場に満ちていきました。

さらにtwitterで交流をしている方も多く、より関係性が深まり、

とても濃密な時間となりました。

次回第6弾も、来年1月に予定しております。

もっとスローに! もっとナイスに!

次回もみなさまのご参加を、ゆる〜くお待ちしております!

カテゴリー: おしらせ, スローでナイス, ナイスデイズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です