【制作・販売協力】牟田都子『校正者の日記 二〇一九年』(栞社)、1月25日より先行販売。


いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ビーナイスで制作や販売で協力をしております校正者・牟田都子さんの『校正者の日記 二〇一九年』(栞社)が完成しました。

『校正者の日記 二〇一九年』(栞社)



1月25日より赤坂・双子のライオン堂、蔵前H.A.Bookstoreで開催の
<日記を書く読む。魅力にせまるブックフェア>で先行販売になります。

ぜひお出かけください。↓(詳細はこちら)

https://liondo.jp/?page_id=25

2月からは、一部書店での販売も始まります。取扱書店情報などまたお知らせいたします。

今回の版元となる栞社は、牟田さんご自身が立ち上げた出版レーベルになります。

『校正者の日記 二〇一九年』

校正者として、読者として、
読んで、読んだ、一年間の記録。

著者 牟田都子 ©Satoko Muta 2020
装幀 内田晶子
校正 岸本洋和
協力 杉田龍彦 (株式会社ビーナイス)

定価 1400円+税
並製 小B6判 本文176ページ
(カバー:キャピタルラップ 表紙:TFボード 本文:b7バルキー)

印刷 藤原印刷株式会社 製本:協栄製本工業

発行者 牟田都子  発行所 栞社

牟田都子(むた・さとこ)
1977年、東京都生まれ。校正者。出版社の校閲部に勤務、2018年に独立。共著に『本を贈る』(三輪舎)。

 

カテゴリー: おしらせ, ナイスデイズ, 新刊情報 パーマリンク