【新刊のお知らせ】浅草フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェ偏愛専門誌『パフェ沼』、2020年5月に刊行


いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


フルーツパフェ専門誌『パフェ沼』、2020年5月に刊行します。

浅草にある行列店フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェについて論じ、描き、撮った一冊。こんなに偏愛する専門誌、これまでにあったでしょうか?

フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェは季節ごとにラインナップが変わり、、一度訪れると誰もがその選び抜かれたフルーツの瑞々しさ、自家製アイスや生クリーム、コンフィチュールとの調和のとれた美味しさに、リピート必至です。

各種メディアでも紹介されています。


今回は、その『パフェ沼』情報の第一弾。

現在、5月6日の文学フリマ東京での先行販売に向けて制作進行中。
(文学フリマの中止が2020年3月26日に発表されたため、販売方法については検討中です)

秋田麻早子(美術史評論家)、岩本竜典(写真家)、斧屋(パフェ評論家)、樋上公実子(画家)、堀田季何(歌人・俳人)、餅井アンナ(ライター)、三宅理子(装幀・デザイナー)、杉田龍彦(制作)の布陣。
フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェを偏愛する熱情を、それぞれの専門領域で、たっぷり表現しています。

印刷は、藤原印刷。ビーナイスからの刊行。

刊行後は、刊行記念としてゴトーにスペシャルなパフェがいくつも登場する予定です。

なぜこの本が誕生することになったのかなど、今後、内容を紹介していきます。

パフェ紹介用
(樋上公実子さんが『パフェ沼』用に描き下ろした絵の一部です)

ビーナイスでは、『パフェ沼』で描き下ろしをお願いする樋上公実子さんの原画をもとにした本を刊行しています。グッズもいろいろあります。


画像2
(写真家・岩本竜典さんが『パフェ沼』用に撮り下ろしたフルーツパーラーゴトーのいちごのパフェと柑橘系のパフェ)

カテゴリー: おしらせ, ナイスデイズ, 新刊情報 パーマリンク