【お知らせ】絵本『きぼうのかんづめ』重版(3刷)が決まりました。


いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 あの日、

 津波に流されずに

 残ったものがあった。

 それは、希望だった。

 

2012年3月の刊行以来、読み継がれきている絵本『きぼうのかんづめ』(文・すだやすなり 絵・宗誠二郎 デザイン・今井クミ 企画協力・後藤国弘 発行・絵本きぼうのかんづめプロジェクト)の重版(3刷)が決まりました。

9月中頃に完成、出荷を予定しています。


 

多くの方々に支えられているおかげです。

絵本『きぼうのかんづめ』の詳細は、こちら。

http://kibouno-canzume.benice.co.jp

 2011年3月11日、東日本大震災。宮城県・石巻漁港を襲った

 大津波で、多くのものを失った水産加工会社、木の屋石巻水産。

 泥の中から出てきたのは、傷だらけになりながらも流されずに

 残っていた、たくさんの缶詰でした。悲しみをシェアすれば、

 半分になる。希望をシェアすれば、倍になる。 これは、宮城・石巻と

 東京・経堂の人と人のつながりから生まれた、確かな希望の物語です。

 

特別協力:株式会社木の屋石巻水産
一般社団法人ソーシャルシェアリング協会

発行:きぼうのかんづめプロジェクト 発売:株式会社ビーナイス

ISBN:978-4-905389-11-8 定価:1,200円(税別)
B5変型 オールカラー 角背上製本 32ページ

発売:2012年3月11日

カテゴリー: おしらせ, 新刊情報 パーマリンク