京都・堀川商店街 Horikawa AC Lab 3ヶ月限定の本屋のショッピングモール『みんなの本屋さん』に出店(2020年10月1日〜12月31日)

いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

10月1日から京都・堀川商店街 Horikawa AC Lab(上京区奈良物町堀川通)で始まった企画、本屋のショッピングモール『みんなの本屋さん』に「ビーナイスの本屋さん」も出店しています。

外観

Horikawa AC Labの書棚のひとつひとつ小さな本屋さんになって、全国から集まったZINE・リトルプレスから、新刊・古書、個性的なブックカルチャーグッズなどが並んでいます。

出店者 マチャップ文具店 ビーナイスの本屋さん Yogi舎 クスハヤ書店
出版社さりげなく 日常採集標本店 アトリエセン Atelier3 kilo books
英明企画編集 / 共和国 / 有志舎 あうんしゃ ひつじがのぞいた銭湯
excavate & write 雑貨店 山 marunoiro 株式会社モリサワ

期間 2020年10月1日(木)〜12月31日(木)
営業日 月〜土 (11:00-19:00)
場所 HORIKAWA AC Lab
アクセス 地下鉄烏丸線 今出川駅より徒歩10分
京都市バス「堀川中立売」下車徒歩1分
電話 080-9606-9079
定休日 日曜日・平日不定休
(運営の都合上期間中でもお休みをいただく場合がございます。ご来店の際は、堀川AC LabのFacebookページをご確認いただくか、お問い合わせください)

今週の営業は
10月5日(月) close
10月6日(火) 11:00〜19:00
10月7日(水) 11:00〜19:00
10月8日(木) 11:00〜19:00
10月9日(金) 11:00〜19:00
10月10日(土) 11:00〜19:00

みんなの本屋さん_フライヤー_F

みんなの本屋さん_フライヤー_B

「ビーナイスの本屋さん」の棚には、

・井上奈奈『くままでのおさらい』美篶堂手製本特装版・ハンディ版
・安達茉莉子イラスト詩集『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』リソグラフ版(6刷・紙ホチキス綴じ)
本づくり協会会報誌Book Arts and Crafts
最新5号 特集「校正とは」
バックナンバー2〜4号
仮名井『オービタル・エレメンツ』

画像8

画像9

画像10

画像11

が並んでいます。

平台1

北側の棚2

ビーナイスの本屋さん

今回の企画の運営をされているのは、共同印刷工業さん。

昨年3月の東京アートブックフェア・銀座エディションの際に、中野活版印刷店ブースのお手伝いに伺ったのですが、その際にお隣にいらっしゃったのが社長の江戸孝典さんで、今回の企画を伺い、参加することにしました。

堀川AC Labには、今年1月に文学フリマ京都に参加した翌日に伺い、素敵なスペースだと思っていました。お隣が青果店という書店街の中にある本屋さんで、活版印刷などもできるスペースです。

画像7

「みんなの本屋さん」の他にも、長野県伊那の製本所・美篶堂の工場長・こいずみしょうさんが手がける「紙束」ブランドの取り扱いもあったり、魅力的な商品が並んでいます。
美篶堂さんには『くままでのおさらい』の製本でもお世話になっています。

12月末までの3ヶ月間の期間限定です。

京都近郊のみなさま、ぜひお出かけください。

カテゴリー: おしらせ, ナイスデイズ | 京都・堀川商店街 Horikawa AC Lab 3ヶ月限定の本屋のショッピングモール『みんなの本屋さん』に出店(2020年10月1日〜12月31日) はコメントを受け付けていません。

【出版社ビーナイス出展情報】来週6月29日(月)~7月3日(金)の5日間にオンラインで開催される「書店向けweb商談会」に出展。

いつもビーナイスの自転車ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、「書店向けweb商談会」のお知らせです。

2020年6月29日(月)~7月3日(金)の5日間開催される書店向けにオンライン商談会にビーナイスも参加しています。

今年に刊行予定の新刊や既刊などを紹介しています。

書店向けweb商談会の参加の方法は、

特設ページURL:https://dms838.wixsite.com/web-shodankai
に入っていただき、Peatixで参加登録をするとパスワードが発行され、
参加書店さまページにログインが可能。
出版社ごとに商談希望時間が予約でき、Zoomで商談できるというシステムです。

初めての試みで、手探りで立ち上がっている企画ですので
わかりにくいところもあるかと思いますが、
(自分でも正直よくわかっていないのですが)
ご興味ありましたら、Peatixでの参加登録だけでも十分ですので、
していただき、web商談会の雰囲気を感じていただければと思います。
参加書店さまページでは、各出版社の今後の刊行予定やイチオシ書籍情報などが
ご覧いただけます。

Peatixの登録画面はこちら。
https://web-shodan-shoten.peatix.com

 

下記、概要、出展者一覧になります。

 

日時:2020年6月29日(月)~7月3日(金)の5日間
書店の事前参加申込み期間:2020年6月15日(月)~6月28日(日)
※取次口座を持たない書店様の参加も大歓迎です。
※事前参加申込みが必要です。詳しくは特設ページをご覧ください。
商談方法:Zoomを使用
主催:書店向けWeb商談会実行委員会
参加費:無料
特設ページURL:https://dms838.wixsite.com/web-shodankai
Twitter:https://twitter.com/BooksShodankai

出展社(全47社、順不同)
語研、ブロンズ新社、グラフィック社、マール社、Jリサーチ、西村書店、リトルモア、ポプラ社、アシェット・ジャポン、芸術新聞社、求龍堂、武蔵野美術大学出版局、晶文社、白水社、国書刊行会、パイ インターナショナル、合同出版、食べもの通信社、彩流社、東京美術、亜紀書房、ラボ教育センター、太郎次郎社エディタス、廣済堂あかつき、かもがわ出版、ロクリン社、好学社、ひさかたチャイルド、絵本館、のら書店、子どもの未来社、光村図書、クレヨンハウス、視覚デザイン研究所、出版ワークス、ビーナイス、アノニマ・スタジオ、朝日出版社、偕成社、青弓社、現代書館、チャールズ・イ・タトル出版、自然食通信社、大和書房、大日本図書、新星出版社、ミシマ社

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000574.000012505.html

 

LINEオープンチャットでも最新情報が入手できます。
https://line.me/ti/g2/RlbU4Ny7WB-qBpXiQ6seFg

 

 

カテゴリー: おしらせ | 【出版社ビーナイス出展情報】来週6月29日(月)~7月3日(金)の5日間にオンラインで開催される「書店向けweb商談会」に出展。 はコメントを受け付けていません。

【本にやさしく】WEB SHOP「ビーナイスの本屋さん」で作者・制作者からZINEや冊子を買い取り、本を読者に届けるお手伝い<be book(ビーブック)>を始めます。*4月27日追記

#いま私にできること

be book
その本が届くであろう人たちの手元に届くように
一冊一冊がかけがえのない「本」として、そこにあるように

 

2020年4月に11周年を迎えた出版社ビーナイスでは3月にWEB SHOP「ビーナイスの本屋さん」を開設しております。

ビーナイス設立11周年

ビーナイスの刊行物、制作協力している本、理事を務める本づくり協会会報誌、ミニチュア絵本工作キット、オリジナルグッズ本革手縫いブックバッグ、絵本ラベルの金華さば缶などを取り扱っています。

https://benice-books.stores.jp

開設当初は制作協力した牟田都子『校正者の日記』(栞社)も取り扱っていました。(販売終了)

他にも、制作協力している安達茉莉子さんのリソグラフ・イラスト詩集や、2019年秋の文学フリマ東京での十七時退勤社の本『うもれる日々』『日日是製本』、2020年4月に刊行になった古書西荻モンガ堂『モモイトリ』2020映画特集の取り扱いも始めております。

3月以降、文学フリマ東京をはじめ、多くのイベントが中止あるいは延期となり、作家、クリエイター、制作者の方々で、ZINEや冊子をお作りになっても販売の機会がなくなったり、少なくなったりしている方も多いかと思います。

こちらも、5月の文学フリマ東京で新刊の先行販売を予定しておりましたが、刊行スケジュールの変更も余儀なくされております。

そこで「ビーナイスの本屋さん」では、WEB SHOP内に
「be book(ビーブック)」
というコーナーを設け、そうした方々のZINEや冊子の販売のお手伝いを微力ではありますができればと思っております。

せっかく作られた本が、行き場を失ってしまうのはあまりにも悲しい状況ですので、販路の一つとして、検討していただけましたら嬉しいです。

以下、条件等記しますので、ご興味ありましたら、お知らせください。
(とりあえず手探りでスタートしますので、変更になる場合出てくるかと思います。4月26日現在の情報です)

<ビーナイスの本屋さん be book(ビーブック)>

be book
その本が届くであろう人たちの手元に届くように
一冊一冊がかけがえのない「本」として、そこにあるように

対象:ZINE、冊子等新刊既刊問わず(ISBNコードを取得しないもの)
文学フリマや、ブックイベント、展示等で面識がある方、ビーナイスの本をご覧になったことがある方を優先します。
これから完成するというものでも大丈夫です。
お会いしたことがなくても、お気軽にお問い合わせください。
複数ある場合はご相談ください。

内容:「ビーナイスの本屋さん」が豊かになるもの(雰囲気とか人との関係性とか、本同士が並んでいて親和性があるといった感じです)

メール等で本の内容がわかるもの、表紙、目次、触りの部分、販売価格等をお知らせください。
基準等は特にありませんが、作者・制作者が「届けたい」という気持ちがこもったものを、こちらでも思いを同じにして届けていければと思います。

募集数:10名程度スタート時はこれくらいで、随時、増えていくことをイメージしています)4月27日現在で5名決まりました。
条件:買切 70%
部数:初回は3部から(状況を見て追加)
送料:納品時のご負担をお願いします。
支払:請求書(1週間以内に振込ます)
*ゆうちょ銀行、楽天銀行ですと助かりますが、他の銀行でも大丈夫です

販売時期:5月1日からスタートして、順次、取り扱いを始める予定です。

まずはこんなところから始めてみようと思います。

ご興味ありましたら、info@benice.cp.jp 杉田宛にご連絡ください。

本の送付先等は、改めて連絡差し上げます。

 

be book
その本が届くであろう人たちの手元に届くように
一冊一冊がかけがえのない「本」として、そこにあるように

 

一冊の本に込められた思いは、必ず読者に届くと思います。

本の力を信じています。

できることから、一つずつ。

ビーナイス 本にやさしく

カテゴリー: おしらせ, ナイスデイズ | 【本にやさしく】WEB SHOP「ビーナイスの本屋さん」で作者・制作者からZINEや冊子を買い取り、本を読者に届けるお手伝い<be book(ビーブック)>を始めます。*4月27日追記 はコメントを受け付けていません。